ヨガを始める

ヨガを始めた。 たいてい、土曜の午後馬に乗るので、翌日の午前中~正午くらいの軽めのレッスンをとることにした。 ヨガはほとんど筋肉のストレッチと深呼吸とリラクゼーションの組み合わせ。 ゆっくり筋肉をほぐすことから始まって、…

風雅なアトリエでの最後のデッサン

パリの一角を連想させる赤煉瓦造りの玄関をくぐったのは2016年のゴールデンウィークだったと思う。地下~屋上まで4つのフロアそれぞれに、洋画アトリエ、フレンチレストラン、日本画教室、ワインバー、屋上テラスと、用途別にシーン…

今年も梅雨が来た。

梅雨が来た。 毎年のことだけれど梅雨が来た。2日に一度は雨マーク。 雨だと馬に乗れないし、通勤も外出もおっくうになる。 ただ、雨の日の日本の風景は透き通ってきれいだと思う。 これは焼き物の街で撮ったある民家の珈琲店で撮っ…

キタサンブラックの話

キタサンブラックについて書いてみた。 つい最近まで、キタサンブラックは「亡くなった父が好きだった演歌歌手、北島三郎の馬で、昨年(2017年)にG1で大活躍した馬」という認識だった。 しかしじっくり調べてみると、活躍どころ…

ローマの皇帝

アトリエの壁にかかっているローマの皇帝の顔を描いてみた。 この皇帝、誰なのかよくわからないけれど、アトリエに通う多くの生徒さんたちのデッサンモデル(モチーフ)として オーナーに購入されたわけなのでおそらく有名な皇帝なのだ…

土瓶と貝

土瓶と大きな貝殻。デッサン4作目。これを描いた頃はようやく鉛筆デッサンに慣れた時期。ただ、アトリエ教室は休みがちだった。 デッサンもリズムがあって、しばらく間が空くとリズムを取り戻すのに時間がかかる。 https://n…

乗馬を再開した理由

初めて馬に乗ったのは2010年の春。 それから乗馬スクールに通い、乗馬倶楽部の会員になって習い始め、少し覚えたあたりで止めてしまった。やめた理由は月数万かかる乗馬費用が払えなくなったから。 月3万ほどで通えそうな乗馬倶楽…

Ma Maisonという名のパン屋さん

Ma Maisonという名のベーカリーと洋食屋さんが近所にある。これはベーカリーのほう。 洋食屋さんは何度も足を運んでいるけれど、もう店主が3代目だと聞いたけれど、味は変わってない。ハンバーグがとっても美味しい! ベーカ…

酒瓶と貝殻

酒瓶と貝殻のデッサン。2作目。 鉛筆だけでガラスと貝のでこぼこを表現するのが難しかった。 とくに酒瓶。 ボトルの中には水が入っていたので、それも描かないといけなかった。 ところで私がデッサンに使っている画材は、B,3B,…

フランス語の挨拶

あいさつ(フランス語)をまとめてみた。 ▼こんにちは Bonjour ! (ボンジュー) ▼ありがとう Merci. (メルスィ) この2つの単語の発音をもっと詳しく見てみると、こんな感じ。 ▼お元気ですか?ご機嫌いかが…